2018観閲式狂騒曲(その2)~「飛行ルート」と「撮影ポイント」~

前回の記事で書いたとおり、2018年の自衛隊観閲式が海自の観艦式から陸自の中央観閲式に変更となり、その予行訓練が9月末から始まった。

すると、普段はごく僅かな人しか見に来ないこのブログも、急にアクセス数が多くなってくる。

そう、「観閲式 飛行ルート」等の検索ワードでこの下のページを訪れる人が多くなってくるのだ






‥‥‥いや、こんな記事を参考にしちゃダメですよ(笑)。

この時はちょうどこの日に茨城方面で用事があったので、行く前に寄り道して観閲式に参加する固定翼機を観てみよう、ということで計画を立てたんだけど、この飛行ルート図とGooglemapをにらめっこしながらポイントを絞り、実際にそのポイントで思った通りの画を撮ることができ、今となっては楽しい思い出って感じだ。

現実的には、観閲式に参加する航空機を観ようと思うなら、会場の朝霞訓練所の手前に良い場所があり、わざわざ茨城県某所まで行く意味はない。

これがその場所で撮影した記事。
この場所はやはり私が自力でGooglemapとにらめっこしながら探し出したポイント‥‥‥といっても誰でも簡単に見つけられる場所で、広~い駐車場(有料)もあって見晴らしも良く、実際に予行及び本番の際には多くのヒコーキマニアが集まってくる。

この前の中央観閲式(2013年)は本番のチケットを入手することができたので、本番は「中から」

じつはこの年も、一週間前の予行はそのポイントから参加航空機をたくさん撮っていたのに「お蔵入り」になってしまっているし、2016年の記事(ふたつ上のリンク先)も「ダイジェスト版」で、ダイジェストじゃない総集編もアップする予定でいたのに、それも「お蔵入り」‥‥‥ もう「お蔵入り」だらけなのがこのブログなのであります(ーー;)。


えーっと何の話だっけ!?!? そうそう、「観閲式 飛行ルート」とかで検索したところで、変なブログ(ここの事ですよ)がヒットしちゃうからダメですよ、って話でしたよね。

ヒコーキおたくなら、まずは「NOTAM」を確認しましょう(詳しい説明は省略しますのでググってください)。
d0137627_18252084.jpg
おお!今回はF35が参加するのか!!
添付ファイルも見てみよう。
d0137627_18292492.jpg
これが飛行ルートとホールディングエリアの図。これにGooglemapを重ねれば具体的にどの場所なのかがわかるけど、飛行ルートに関しては朝霞訓練所の行進路の延長線上になるので毎回同じ。
もう少し上の図について説明をすると、A~Fの楕円は機種ごとに割り当てられたホールディングエリア(待機空域)。各航空機は早めに待機空域に入り、ここで何周もしながら時間調整し、決められた時刻に朝霞訓練所上空を航過して行く。

上の図の表を見るとAエリア:F35、Bエリア:F2/F15‥‥‥ここまでは誰でも分かるが、CエリアはKC2/C130となっている。C130はわかるけど、KC2って何???

またまたマニアックな話になるが、ここでの「Type of ACFT」、つまり「タイプ オブ エアクラフト(機種のことね)」にはICAOの機種コードで記載されているのだ。

そのICAOの機種コードで「KC2」は、航空自衛隊のC-2輸送機のことになる。
じつはICAO機種コードで「C2」というとグラマンの「C-2グレイハウンド輸送機」のことになる。
航空自衛隊のC-2は「KAWASAKI C-2」ということで「KC2」がICAOコードになっているのだ。

ということで今回はC-2も参加、Cエリアでホールディングの予定だ。
そしてDエリア:P3/P1‥‥‥つまりP-3CとP-1の新旧哨戒機がDエリア、EエリアはB350‥‥‥これは陸自のLR-2連絡偵察機のことだ。そしてFエリアはUS-2。

最後のGエリアが前回TWK上空を通過した陸自ヘリ軍団の待機空域になっていて、H47、H500、UH1、HUCO、H60、H64(以上ICAOコード)が参加する。
この中で「H47」「UH1」「H60」「H64」はそれぞれ「CH-47」「UH-1」「UH-60」「AH-64」で簡単なんだけど、まず「H500」って???

それは「OH-6D」なんですねぇ。マクドネル・ダグラスのMD-500型ヘリがベースだからなんだけど、先に出たLR-2もベースがビーチクラフトのスーパーキングエアー350だからICAOコードは「B350」。この辺のことは私も知っていたんだけど、わからなかったのが「HUCO」。
仕方ないからICAO機種コード一覧サイトで検索したところ「AH-1」のことであると判明。そっか、「HUEY COBRA」ね‥‥‥(^^;

すみません、話が大脱線してしまいましたね。NOTAMを見てわかったのは、三沢に配備された航空自衛隊のF-35が初参加するということ。 これはビックニュースだ。こりゃぁもう10月8日の予行と10月14日の観閲式本番はあのポイントへ観に行くしかないな。

その前に、10月2日の予行でまた陸自ヘリの編隊がやって来たので屋上で撮ってみた。
d0137627_21250871.jpg
今回は編隊飛行を捉えるためTCON-17Xは外して「素の」RX10M4で撮りました。
まずは先頭のCH-47JA×3

続いてOH-6D×3が来たのだけど、撮っていませんでした。すみませんm(__)m。

お次はHUCOことAH-1S×6
d0137627_21321198.jpg
d0137627_21332585.jpg
続いてUH-1J×3
d0137627_21343458.jpg
d0137627_21352653.jpg
UH-60J×5
d0137627_21373660.jpg
UH-60Jの編隊は間隔が開きすぎ!!全体を撮ると1機1機が豆粒みたい(ーー;)

トリはCH-47×5
d0137627_21412068.jpg
CH-47JA×3機とCH-47J×2機だね。JAの方がおデブだから見分けがつく。
d0137627_21445598.jpg
こんな感じで25機の陸自ヘリ軍団はGエリアに向かって行きました。
NOTAMではAH-64Dも入っていたけど、やはり機体に余裕がないのか来ませんでしたねぇ。

そういえば前回のコールサインは「ゴールデンフォーメーション」、今回は「ゴルフフォーメーション」‥‥‥これって「Gエリアの編隊」っていう意味もありそう。

で、ここからはRX10M4にTCON-17Xを付けて、はるか遠くのGエリアでぐるぐるホールディング中のゴルフフォーメーションを撮ってみました(遠いのでメラメラが酷いのはご容赦ください)。
d0137627_21582652.jpg
d0137627_21585612.jpg
d0137627_21592678.jpg
d0137627_21595684.jpg
d0137627_22012735.jpg
d0137627_22015724.jpg
d0137627_22031023.jpg
‥‥‥今回屋上からヘリ軍団を撮るのはもういいや。あとは10月8日の予行と14日の本番をあの場所から撮るぞぉ~~~!!


[SONY Cyber-shot DSC-RX10M4]

[SONY Cyber-shot DSC-RX10M4+TCON-17X]


ソニーストア

撮影日:2018年10月2日

撮影場所:埼玉県三郷市上彦名(TWK屋上)




by twk-kosaka | 2018-10-24 22:29 | 自衛隊イベント


【画像クリックで元画像が別ウインドウで開きます】


by twk-kosaka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

リンク

カテゴリ

全体
ヘリコプター
航空機
野鳥
花・植物
風景
天体・宇宙
月と飛行機
名所・旧跡
生きもの
昆虫
植物と野鳥
花と昆虫
艦船
乗り物
鉄道
自衛隊イベント
バイク
カメラ・レンズ関係
いろいろ
未分類

タグ

(81)
(55)
(42)
(37)
(36)
(34)
(19)
(18)
(18)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)

その他のジャンル

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

最新の記事

2018百里基地航空祭(その..
at 2018-12-06 22:55
2018MotoGP オープ..
at 2018-11-12 22:47
自宅で観る「下総航空基地開設..
at 2018-11-06 18:30
2018観閲式狂騒曲(その4..
at 2018-11-01 17:58
2018観閲式狂騒曲(その3..
at 2018-10-30 23:30

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
自然・生物

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
↑地球にやさしい検索サービス
このBLOGを読んでいてわからないことが出てきたらこれで検索

↑このBLOGの写真は【Sony αシリーズ】で撮っています
NEC Direct(NECダイレクト)
このBLOGは【NEC Direct】で購入したPCで制作しています