人気ブログランキング |

2018百里基地航空祭(その3)~F-2の帰投(RX10M4の動画+IC-R30の録音機能)~

ひさしぶりの百里基地航空祭ではファントムの機動飛行を「これでもか」ってくらい見せつけられ「もうお腹いっぱい」って感じで大満足の私でしたが「外来機の帰投をすべて見送るまでが航空祭」というわけで、三沢から地上展示のために来てくれていたF-2の帰投を、そのエンジンスタートから間近で見させていただきました。
d0137627_22593457.jpg
もうこのジェットエンジンの音と排気管から吐き出されるメラメラ‥‥‥もう堪りません(;´Д‘)ハァハァ。



→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-12-19 22:56 | 自衛隊イベント

2018百里基地航空祭(その2)~「オジロブラック」と「オジロホワイト」の競演

2018年の百里基地航空祭が終わってからもう何日も経っているが、私の中では未だ興奮冷めやらず‥‥‥という感じで、まだ沢山撮れた写真の整理が全部終わっていない状態だったりもする。

というのも、今回「航空祭デビュー」となったRX10M4が、思った以上の良い仕事をしてくれて、その「歩留まり」の良さで「うれしい悲鳴」状態になってしまっているのだ。

これまでのα77+100-400mm(または150-600mm)だと、高速で至近距離を通過する戦闘機の姿をうまくファインダー内に収められたとしても、ほとんどの場合フォーカスが合っていなかったりブレていたりで、「ボツ写真」の大量生産。で、ボツを削除していった結果、残った「使える写真」はごく僅かだったので、どれを載せるか悩む余地はあまりなかったのだが―――

それがRX10M4になると、とにかくフレーム内に収まっていれればフォーカスは合っているしブレも無いので、最初の段階で削除対象となる「ボツ写真」が極めて少ない、つまり「歩留まりが良い」ということで、使える写真が大量に残ってしまっているのだ。
その中からどれを載せようか‥‥‥と選考するとなると「これはいい」「これも捨てがたい」という感じで迷ってしまう――― これがさっき書いた「うれしい悲鳴」ということなのだ。

ええ、もちろん私が撮る写真のレベルの中での話なので、上手な人から見たら全部「ボツ写真」なのはわかってます。RX10M4は画質的にはハイエンド機より一歩も二歩も劣っているし‥‥‥でも、プロでもないシロートの道楽で、航空祭の雰囲気を楽しみながら気軽に撮って、そこそこの結果が残せるんだから、私にとってRX10M4は最強の航空祭用カメラである、というのが実感。
だいたいが、レンズ交換無しでこれ1台で広角から超望遠までカバーできるって事だけでもありがたい。

というわけで今回の記事は、2018年百里基地航空祭の「目玉」となった2機の特別塗装ファントムの、今回が最初で最後の競演となった機動飛行の様子をアップいたします。

まずは航空祭直前になって.その存在か明らかにされた「オジロブラック」
d0137627_21425013.jpg


→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-12-14 22:15 | 自衛隊イベント

2018百里基地航空祭(その1)~6年ぶりに「3種のオモチャ」と共に参上~

2018年の百里基地航空祭へ行ってきた。

百里の航空祭へ私が行くのは2012年以来だから、なんと!6年ぶりということになる。

昨年(2017年)は航空観閲式が行なわれる年だったため百里航空祭は無しだったのだが、その航空観閲式も予行は直前に浜松沖で起きたUH-60Jの事故により中止、本番も台風の接近により中止という散々な目に遭った百里基地。

で、満を持して(?)の開催となった今年の百里航空祭だったのだが、基地内及び基地周辺には駐車場を用意しないという方針を早い段階から告知し、毎回恒例?の基地周辺にヒコーキマニアたちのクルマが集中し大渋滞となる状況を無くそうという強い意志が感じとれたのではあるが、クルマで来る場合はかなり離れた大洗や大竹海岸の駐車場を事前に予約して、そこからシャトルバスで基地へ向かうという「パーク&バスライド」方式となり、かなり不便な上に往復のバス代が2,000円という「観に来て欲しくないオーラ全開」のシステム。
d0137627_18262611.jpg
ご覧のとおり基地周辺からクルマを締め出す覚悟ありありの交通規制図だが、バイクに関しては基地近くの「百里テクノパーク」外周路を駐輪場にしてくれるというので、これはもうバイクで行くしかないでしょ!?!?って感じで、久々にTLR200を公道仕様に戻して出動することに決めた。



→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-12-06 22:55 | 自衛隊イベント

2018MotoGP オープニングセレモニーでのF-4EJ

2年ぶりにMotoGPを観にツインリンクもてぎへ行ってきた。

今回、私にとってのメインイベント?はオープニングセレモニーで百里基地から飛んできてくれる2機のF-4EJ のフライト。

ツインリンクもてぎ上空を百里のファントムが飛ぶのは2011年のINDY JAPAN以来だと記憶しているが、あれからもう7年か‥‥‥時が経つのは早いものである。F-4「ファントム」が初飛行したのは1958年だから、人間なら今年「還暦」――― 未だに現役で運用している国はごく僅かで、日本でもそろそろ退役の時期が近づいてきている。

今回はそんな「ファントム爺さん」のフライトが観られるというので、その勇姿をこの目(とSDカード)に焼き付けておきたくて、約6万人のMotoGPファンで埋め尽くされたツインリンクもてぎを訪れた。

INDY JAPANの時は、開会式で国歌斉唱が終わるタイミングに合わせて「サプライズ」的な登場の仕方だったのだが、今回は場内アナウンスで紹介されながら2機のF-4EJ が飛来
d0137627_21590347.jpg


→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-11-12 22:47 | 航空機

自宅で観る「下総航空基地開設59周年記念行事」のヒコーキたち

10月はイベント目白押しで大忙し。14日に観閲式が終わったと思ったら次は20日の下総航空基地開設59周年記念行事、そしてその翌日21日はツインリンクもてぎでMotoGPだ。

う~~~ん、2日連続で休んでお出かけするのはちょっと無理なので、どちらか一つに絞らないと(ーー;)
―――よし決めた!事前に応募した下総基地のP-3C体験搭乗が当たったら下総行き、はずれたらツインリンクもてぎ行きとしよう!!

で、当然のように?P-3C体験搭乗当選の通知が来なかったので、20日の下総基地祭は外来機の帰投を自宅で観て我慢することにした。

というわけで、下総基地祭当日は外来機の帰投が始まる15時頃までは仕事に集中しようと決めていたのだけど、昼過ぎにP-3Cの音がいつもの倍以上(当社比)の大きさで聞こえてきたので、慌ててRX10M4を持って屋上に駆け上がると―――
d0137627_18112281.jpg
おぉぉぉ~~~!( ゚Д゚)!低高度で真上を通過するP-3C!!
この機体が通過した後―――


→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-11-06 18:30 | 航空機

2018観閲式狂騒曲(その4)~10/14本番でリベンジのはずが玉砕(+_+)~

2018年の観閲式特集もいよいよ最終回。前回書いたように予行では慣れない動画撮影にチャレンジし、みごとに玉砕―――(>_<)。
しかしここで諦めてはいけない。失敗の原因は「手持ち撮影」だったからと考えた私は、その対策を練った上で観閲式本番に臨むことにした。
d0137627_22085745.jpg
これがその対策の全貌(?)だ。


→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-11-01 17:58 | 自衛隊イベント

2018観閲式狂騒曲(その3)~10/8の予行をまずは静止画で~

いよいよ自衛隊中央観閲式の日が近づいてきて、まずは前の週・10月8日の総合予行の日。
前回の記事で書いた「見晴らしが良く広い駐車場(有料)もある場所」は自宅からクルマで30分弱で行けるので、今回もそこに行って目の前を航過して行く参加航空機の編隊を観る(撮る)ことに決めたのだが―――

念のためお断りしておくが、その場所というのは、例えばショッピングセンターの屋上とか、ヒコーキ見学のオタクが多数押し掛けると迷惑がかかるような場所ではない。
よく航空祭の時などに、近隣のそういう施設にヒコーキオタクが押し掛けて迷惑をかけるというような話も耳にするが、その場所は1200台以上停められる有料駐車場のある広~い公園なので、誰にも迷惑をかける事はないと言っていいだろう。

そう、そんな場所で観閲式に参加する航空機の編隊を撮るのだが、ここで迷ってしまうのが「編隊全体を撮るか、的を絞ってアップで撮るか」という問題。

参考画像1【2016年観閲式の際その場所で撮ったCH-47のアップ】
d0137627_14093462.jpg


→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-10-30 23:30 | 自衛隊イベント

【速報】C-2が習志野空挺降下支援デビューでTWK真上を通過

本日、美保基地所属のC-2(#88-1207)が習志野空挺降下支援に初参加し、入間基地~習志野PJEエリア間を2回往復しました。
その際、TWK上空を計4回航過したので、とりあえずその画像をアップします。

1回目の行き
d0137627_23000927.jpg


→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-10-25 23:18 | 航空機

2018観閲式狂騒曲(その2)~「飛行ルート」と「撮影ポイント」~

前回の記事で書いたとおり、2018年の自衛隊観閲式が海自の観艦式から陸自の中央観閲式に変更となり、その予行訓練が9月末から始まった。

すると、普段はごく僅かな人しか見に来ないこのブログも、急にアクセス数が多くなってくる。

そう、「観閲式 飛行ルート」等の検索ワードでこの下のページを訪れる人が多くなってくるのだ




→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-10-24 22:29 | 自衛隊イベント

2018観閲式狂騒曲(その1)~訓練飛行に向かうヘリ大編隊が自宅上空を通過~

2018年の自衛隊観閲式も10月14日に無事終了し、「狂騒曲」と言ってもいいくらいザワついていたネット上の動きもようやく落ち着きを取り戻した。

そもそも今年は「観艦式」の順番だったのに、直前になって「中央観閲式」が一年前倒しで執り行なわれることになったのだから、この私もかなり動揺してドタバタしてしまったのだが‥‥‥。

ここで念のため自衛隊の観閲式について簡単に説明しておくと、毎年10月の末頃に最高指揮官、つまり総理大臣を「観閲官」として迎え、陸上自衛隊、航空自衛隊、海上自衛隊それぞれが持ち回りで開催する「軍事パレード」的なイベント、それが自衛隊観閲式である。
昨年(2017年)は航空自衛隊が百里基地で行なう「航空観閲式」の番だったが、なんと!!台風の影響で中止となってしまったのだ。

で、今年(2018年)は海上自衛隊の「観艦式」の番で、場所は相模湾――― これは観に行くのは無理なので私にゃ関係ない、と思っていたのだが、9月下旬になって突然「陸上自衛隊の中央観閲式の予行が始まる」という情報が飛び込んできて「???」となった。

順番どおりにいくと来年(2019年)が陸自担当の中央観閲式の予定になっているのだが、いろいろと情報を漁ってみると、どうやら東京オリンピックの関係で2019年10月に朝霞訓練所で大規模イベントをやることが困難なので、一年前倒しして今年に中央観閲式を行なうことに決まったらしいのだが‥‥‥ なんとなく様々な裏事情がありそうな匂いを感じてしまうのは私だけだろうか???

まぁいい。とにかく中央観閲式をやるとなれば、それに参加する自衛隊のヘリやヒコーキの編隊がまた観られるというわけだ。さっそく情報収集を開始すると、陸自東部方面隊のサイトでこんな訓練スケジュールを見つけた
d0137627_23155092.jpg


→続きを見る
# by twk-kosaka | 2018-10-19 23:07 | 自衛隊イベント


【画像クリックで元画像が別ウインドウで開きます】


by twk-kosaka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

リンク

カテゴリ

全体
ヘリコプター
航空機
野鳥
花・植物
風景
天体・宇宙
月と飛行機
名所・旧跡
生きもの
昆虫
植物と野鳥
花と昆虫
艦船
乗り物
鉄道
自衛隊イベント
バイク
カメラ・レンズ関係
いろいろ
未分類

タグ

(82)
(56)
(43)
(37)
(37)
(34)
(21)
(20)
(18)
(18)
(15)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)

その他のジャンル

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

最新の記事

「平成最後」の奥日光詣で
at 2019-04-22 20:37
春霞の夜空に「月とヒコーキ」
at 2019-03-24 22:27
レンジャク不発も久し振りのヤ..
at 2019-03-21 23:36
いつものレンジャク空振りで梅..
at 2019-03-10 18:28
炎上覚悟の「炎上ネタ」
at 2019-02-16 11:18

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
自然・生物

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
↑地球にやさしい検索サービス
このBLOGを読んでいてわからないことが出てきたらこれで検索

↑このBLOGの写真は【Sony αシリーズ】で撮っています
NEC Direct(NECダイレクト)
このBLOGは【NEC Direct】で購入したPCで制作しています